むし歯治療のページ
痛みに配慮したなるべく削らないむし歯治療

痛みに配慮したなるべく削らないむし歯治療

むし歯の原因について
「毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまう!」という方は多くいらっしゃるかと思います。毎日歯磨きをしているのになぜ虫歯になるのでしょう?
むし歯のなりやすさは体質によって異なります。
虫歯になりやすい人もいれば虫歯になりにくい人もいるのです。
極端に言えば 、まったく歯を磨かなくても虫歯にならない人もいらっしゃいます。
歯磨きを行うことはもちろん非常に重要なことですが、『歯磨きをしていれば虫歯にならない』ということではありません。
虫歯のリスクの高い人は毎日歯磨きを行っていても虫歯になってしまうということです。

虫歯のなりやすさにはさまざまな要因があります。
  • 虫歯細菌(細菌の種類、量、質 等)
  • 唾液の性状(分泌量、緩衝能、抗菌因子 等)
  • 糖分を含んだ食事 等生活習慣(間食の頻度 等)
  • 歯磨きの程度(適切なブラッシングができているか 等)
  • 歯質の問題(歯の耐性化、石灰化度、フッ素の使用 等)
どれをとっても虫歯には重要な要因です。

虫歯となる原因のうち細菌の種類、質、量は大きく影響してきます。今までの虫歯治療は虫歯になった部分を削り取り除き削った部分を覆うような詰め物をする方法でした。
むし歯の進行度による分類
それぞれの症状・状態・治療法について

C0:歯面清掃 → シーラント

C1:虫歯削除 → シーラントorレジン充填

C2:虫歯削除 → レジン充填or インレー

C3:虫歯削除+歯髄保護(自費) → インレー
   *虫歯の範囲によってはできない場合があります
   歯髄除去 → インレー or フルクラウン

C4:抜歯 → ブリッジ or 義歯 or インプラント
   ※神経に達しているがそれほど深度が場合は、自費10,000円にて
   EDTAセメントにて歯髄保存処置。
むし歯治療へのこだわり
①なるべく削らない → 虫歯を作らない、定期健診による早期発見早期治療、
            歯髄保護(自費)治療

②再発の防止 → メタルフリーの推奨(銀歯ではなくセラミック修復)、虫歯治
         療後の除 菌治療

当院では虫歯治療後に再発を防止するためにマウスピースをもちいた虫歯菌除菌治療を行っております。(定期健診ごとにマウスピースをお持ちいただき除菌います。)
むし歯にならない為に歯科医院に通う意味
くろかわ歯科医院では、むし歯にならない為だけでなく、歯周病予防のためにも定期健診はとても重要と考えております。
虫歯菌、歯周病菌は全身疾患と関係性が大きく、近年、歯周病菌が血管内に侵入し「歯原性菌血症」となることで心疾患、脳血管疾患、肺炎、認知症、骨粗鬆症、早産などの全身の疾患を引き起こすことが解明されてきました。
定期健診に通う意味
一度治療をしても、日頃の歯磨きを怠ってしまうと、やはり虫歯は再発してしまいます。 再発リスクを少しでも低くするために自分ではケアが上手にできない部分のチェックをしましょう。