比較的大きなむし歯の治療や根管治療の後に被せるのがクラウンです。
保険の場合は、金属の素材「銀歯」やプラスチック素材「硬質レジン」などを使用しますが患者さまご要望をお聞きして審美性や耐摩耗など見た目が本物の歯と近い質感の素材の(白いかぶせ物)クラウンをお勧めします。
素材にセラミックを使用したクラウンは、天然歯に近く自然な透明感がありまた、永年の使用にも色の変化がありません。歯の裏側まで白いため大きく口を開けて笑ったりおしゃべりしても違和感がまったくなく健康的な白い歯の輝きを持てます。また金属を使用していないため金属アレルギーの心配がありません。

-利点-
  • 天然の歯に近い質感で審美性に優れている
  • 永年の使用でも歯の変色や歯肉の変色がない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 汚れや雑菌が付きにくい
-欠点-
  • 保険適用外なので費用が高い
  • 歯を削る量が若干多くなる
  • 強い衝撃を受けると割れる可能性がある
金属のフレームに外から見える部分にセラミックを焼き付けたクラウンです。
強度も強いので耐久性に優れ、長期間の使用でも歯の変色がありません。またフレーム素材に貴金属を使用することで金属アレルギーの可能性を低く抑えることができます。
強度が強いのでブリッジなどにも安心して使用できます。

-利点-
  • 強度と耐久性に優れていて割れにくい
  • 天然の歯に近い質感で審美性に優れている
  • 永年の使用でも歯の変色がほとんどない
  • 汚れや雑菌が付きにくい
-欠点-
  • 色調がオールセラミックより若干劣る
  • 前歯の場合は裏側に金属がみえる
  • 歯肉の変色が起こる場合がある
  • 金属アレルギーの心配がある
永年の使用による歯の変色及びメタルボンドクラウン前歯の裏側のイメージ
    向かって右側1番の歯が永年使用した歯で左側の歯と比べると歯の色が変色しているのがわかります。     向かって右側がオールセラミッククラウンで左側がメタルボンドクラウン。前歯の場合メタルボンドクラウンは裏側に金属がみえます。  
※かぶせ物に関するご質問などございましたらお気軽にスタッフまで
お問合わせください。
セラミックとレジン(プラスチック)を混合した素材で天然の歯に近い弾力で噛み心地よいクラウンです。オールセラミック同様金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。

-利点-
  • 強度と耐久性に優れて割れにくい
  • 天然の歯に近い質感で審美性に優れている
  • 永年の使用でも歯肉の変色がない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 汚れや雑菌が付きにくい
  • オールセラミックより若干費用が安い
-欠点-
  • 保険適用外なので費用が高い
  • 硬質レジン(保険適用)ほどではないが永年の使用で変色する
  • 硬質レジン(保険適用)ほどではないが永年の使用で歯の擦り減りがある
比較的大きなむし歯の治療や根管治療の後に被せるクラウンですが、なかでも奥歯は特に強度が求められます。その為保険では銀歯を使用し保険適用外の場合は中身に金属を使用したメタルセラミックが良く使用されます。しかし最近では強度と天然歯のような透明な白い歯のZ冠があります。またこのZ冠は他の保険外の素材に比べると費用も抑えられることも特徴の一つになります。その為最近では奥歯の銀歯をZ冠になさる方も増えています。奥歯の白いかぶせ物について気になることが御座いましたらお気軽にスタッフまでご相談ください。
メタルセラミック冠とは、中身に金属を使用して外から見える部分だけセラミックを貼り付けたかぶせ物のことです。強度と見た目も良く非常によく使わせるかぶせ物の一つです。

-利点-
  • 色が天然歯に似ているので見た目がきれい
  • 中身が金属なので割れにくい
  • 中身に貴金属を使用すれば金属アレルギーになるの可能性が低くなる
-欠点-
  • 歯の裏側から金属が見える
  • 中身の金属によっては歯ぐきの変色や金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 保険適用外なので費用が高い
新素材と最新デジタル技術で作成された身体に優しく、しかも価格を抑えたZ冠には2種類があり、Z冠スダンダードは3種類の色から選ぶ白い冠でより低価格に抑えられているクラウンです。

-利点-
  • 天然歯のような透明な白い歯
  • 天然歯の切削量が少なくて済む
  • 噛み合わせする歯の負担が少ない
  • 細菌や色素の付着が少ない
  • 金属アレルギーにならない
-欠点-
  • 色調が3種類からと決められている
Z冠プレミアムは、Z冠スダンダードの特徴はそのままに各個人ごとに違った天然歯の色調を限りなく再現した白い冠になります。

-利点-
  • 天然歯の色調を限りなく再現した白い冠
  • 天然歯の切削量が少なくて済む
  • 噛み合わせする歯の負担が少ない
  • 細菌や色素の付着が少ない
  • 金属アレルギーにならない