最近耳にすることのある、睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠障害の一種であり、呼吸が停止するたびに睡眠が浅くなるため十分な睡眠がとれず重症の場合、社会生活を普通に営むことが難しくなります。また、高血圧・不整脈・心臓病・脳疾患・糖尿病などのリスクが増し、身体全体に与える影響が大きいといわれます。
当医院では、いびき・歯ぎしり・無呼吸などマウスピースを使ったスリープスプリント療法を行っています。
ご家族から「いびきがうるさい」・「いびきの途中で呼吸が止まる」と言われたり、「朝起きても身体のだるさがとれない」・「昼間眠気が強い」なのど症状が慢性的に続いている方は、典型的な睡眠時無呼吸症候群の症状といえます。
当医院では、医科(済生会二日市病院 循環器科)との連携により睡眠時無呼吸症候群の治療に取り組んでおります。
スリープスプリント療法とは、 寝るときに下の顎を少し前に出せるように工夫したマウスピースをお口の中に入れて休んでいただく治療法です。この装置を入れることによって気道「空気の通り道」がひろがっていびきや無呼吸がなくなるというものです。
スリープスプリントの特徴としてお口の中に入れるぐらいのサイズなので持ち運びに優れている点です。「出張や旅行」などでも簡単に携帯していけるという利点があります。また、素材に頑丈なプラステックを使用していますので耐久性に優れている点も特徴といえます。