歯の根の中には神経や血管「これらを総称して歯髄といいます」があり、むし歯や外傷などによって炎症をしたり、感染をして壊死(えし)している場合の治療を行うことを根管治療をいいます。原因は深いむし歯や歯の亀裂及び外傷などです。
炎症や感染を放置しておくと歯がひどく痛んだり根の周囲の組織に炎症が広がったり歯肉が腫れたり時には熱が出たりする場合もあります。これらの症状に対して根管治療を行うことで症状が軽減したり、治癒します。
感染根管治療を行わないと歯がひどく痛んだり歯肉が腫れたりと言うことはお話ししましたがもっとも大事なことは一生涯なるだけご自身の歯を残すということです。当医院はなるだけ歯を抜かずご自身の歯でいてもらいたいとの思いから感染根管治療を重要視しています。
きちんと根管治療をしていないと徐々に根尖性歯周炎になり、根の先端が化膿したり、痛みがでるからです。お家に例えるならどんな立派なお家を立てても地盤の悪い土地に建てているようなものです。
根管治療の大切なことは、根管内にいる細菌を出来るだけ消毒また新たに細菌を侵入させないこと。根管の拡大・清掃・洗浄を丁寧に行い薬剤を充填して根管内をしっかりと封鎖して細菌の侵入を防いでいきます。
根管治療を正確に行うためには、どうしても通院回数が多くなり時間も必要となり患者さんにご負担をおかけすると思いますが、ご自身の歯をなるだけ残したのしい生活を送るためにも途中で治療をやめず最後まで治療を続けてくださいね。
     
左が治療前のレントゲン写真(所見を入れる)右が治療後のレントゲン写真
根管は複雑に分岐・湾曲してまた非常に細いので歯科治療の中でも非常に難しい治療のひとつと言えます。
肉眼では正確に把握しにくく歯科医師の経験と勘にたよる治療になる場合もあり正確性に欠ける事があります。
そのため当医院では拡大鏡を使用した治療を行っております。
経験豊富な歯科医師が拡大鏡を用いて患部を拡大して精密な治療を行うことで根管治療が安全・正確に行うことが出来ます。
当医院で使用の拡大鏡です。

お口の事で気になることが御座いましたらお気軽にご相談ください!