むし歯になり歯医者さんに行って治療を受けますが、奥歯などむし歯が小さい場合はその部分を削り取りその後つめ物(インレー)を詰めて治療を完了します。
そのつめ物には、材質の異なった種類があり、保険適用のものと保険外のものがあります。
保険適用のつめ物は費用を安く抑えられるメリットがありますが、銀色の金属や変色するプラスチックしか使用できないため見た目が悪く時間がたつと金属が錆びて溶けだし歯や歯ぐきの変色や金属アレルギーを起こす可能性もあります。
最近は金属のつめ物は審美性や金属アレルギーなどを心配して白いつめ物をご希望の患者さんも増えておられます。
当医院では治療を行う際に患者さんにつめ物の種類や特徴など丁寧に説明をし患者さんのご希望にあわせて治療を進めて参ります。見た目や安全性を気にされておられる患者さんに対して患者さんのニーズにあったつめ物をお勧めしてます。
お口の中に使用するものは安全でまた美しいものが安心です。
銀歯のつめ物の代わりにセラミックでできた白い材料のつめ物にする事によって健康的で自然な美しさが蘇ります。
素材が陶器のため年数が経っても水分を吸収せず変色にも強いためきれいな状態を維持できます。

白いつめ物の比較
セラミックと銀歯の比較と銀歯の酸化イメージ
セラミック   銀 歯   酸化した銀歯
   

周りに気づかれない
美しい白さ
 
口を大きくあけると
目立つ銀歯
 
強酸に5分つけた状態
金属イオンが溶けだし
真黒に酸化
※お口の中でここまで酸化することはありません
  • 笑ったときに銀歯がみえて笑えない
  • 詰めていた銀歯がはずれた方
  • むし歯治療で銀歯を入れたくない方
  • 金属アレルギーが心配な方
ラミネートべニアとは、歯を白くまたきれいに整えたい方へ薄いセラミックのシェルを「つけ爪みないなもの」歯の表面に接着して隙間のないきれいな歯に変身させる方法です。
治療の方法は、歯の表面を薄く削りオールセラミックやハイブリッドセラミックで出来たシェルを貼り付けていきます。

-利点-
  • 歯を削るのが最小限ですむ
  • 審美性が良い
  • 神経の処置をしなくてすむ
-欠点-
  • 前歯で硬い物を噛むと割れることがある
  • 前歯で硬い物を食いちぎろうとするとはずれることがある
  • 保険がきかない
  上の前歯4本の表面を削った
状態
  ラミネートべニアを貼り付けた状態  
   
※患者さんのお口の状態によっては出来ない場合があります。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねください。